タグ別アーカイブ: 近隣の観光

茂木町 大瀬の観光やな

栃木県茂木町にある大瀬の観光やなへ行ってきました。ブログの更新が遅くなり、行ってきたのは8月の終わりの頃で残暑厳しい気温30度以上の日でした。

茂木町大瀬の観光やな1

茂木町大瀬の観光やな2

前回行ったときはまだできていなかったのですが、こんな風に流れをせき止めて鮎が時々入ってきます。子供たちは大喜びで水しぶきを浴びてて喜んでいました。ちょっとした水遊びができます。水着で来ている子も沢山いて楽しそう~!

茂木町大瀬の観光やな3

茂木町大瀬の観光やな4

浅瀬でも水遊びができたり、もちろん本格的な鮎釣りの人も沢山いました。前回行った時より水量が多かったのは雨の影響だったようです。鮎釣りはこれからのシーズンが本番だそうです。10月中旬頃には鮭も登ってきてやなは鮎より鮭が多くなる時期もあるとか。

茂木町大瀬の観光やな5

茂木町大瀬の観光やな6

動画でも撮影しましたのでご覧ください!

やなに入ってきた鮎を捕まえて生簀に入れます。慣れない手つきで子供たちが楽しそうに捕まえていました。

やなは捕れたての鮎を炭火で焼いて食べる事ができます。この時期ならではの鮎の塩焼き、美味しいですね!

みどりの森ICHIKAIから車で約20分ぐらいでしょうか、近場で水遊びをして美味しい鮎を食べる。贅沢な夏休みの一日ですね~!

サウスエリア最後の蔵出し9区画好評分譲中

みどりの森ICHIKAI 

益子夜市2015

みどりの森ICHIKAIから、車で15分程で行けるお隣町の益子です。
春と秋には陶器市など、栃木県を代表する伝統ある陶芸の町です。
陶器市の他にも、お祭りや朝市、夜市など、地域のカフェや農家さん、物づくりのクリエターさんが出展する催し物が盛んに行われている町なのです。

今回は益子夜市(ましこよいち)2015に行ってきました。

益子夜市2015-1 益子夜市2015-2
益子夜市2015-3 益子夜市2015-4

駐車場から城内坂通りに入ると、オープニングの太鼓の演奏が勢いよく聞こえてきました。そして夕暮れとともに、沢山の人が夕涼みに集まっていました。

益子夜市2015-5 益子夜市2015-6
益子夜市2015-7 益子夜市2015-8

城内坂通りには、何か所かステージが設けられ、演奏会やダンスなどのイベントが行われ、メインストリートには益子のカフェやパン屋さん、農家さんの出店があり、新鮮な果物や野菜、テイクアウト料理が並んでいました。路地に入ると地元の商店の方々が、一仕事終えてBBQをしながらビール片手に楽しんでいたりと、地域の様々な世代や様々な職種の人々が繋がり、協力しながら盛り上げているように感じました。

益子夜市2015-9 益子夜市2015-10
益子夜市2015-11 益子夜市2015-11

夕涼みしながら楽しめる益子夜市。陶器の街のイメージとは違った、地域の人たちの手作り感とセンスの良さが光るナイト・マルシェでした。

駐車場も沢山あり、道路の渋滞もなく行けるのが何よりです。みどりの森ICHIKAIからは、裏道を通って直ぐなんです。

秋には三年に一度の「土祭」ヒジサイ があるそうです。これはどんなテーマで行われるのか楽しみですね~。 是非また行ってみたいと思っています。

みどりの森ICHIKAI 

山あげ祭2015|那須烏山市

栃木県那須烏山市の山あげ祭へ行って来ました。
那須烏山はみどりの森ICHIKAIからは、25分程で行けるお隣の地域なんです。ちょっと走れば風景も変わり、観光地が目白押し。

まずは龍門の滝です。滝の水しぶきが風向きで飛んできて、自然のミストが気持ち良かったです。
そして、烏山大橋から見る那珂川は雄大でした。天然鮎のメッカとして釣り人に愛される那珂川です。鮎釣りだけでなく、「観光やな」もいくつかあり、子供達も楽しめる場所です。

龍門の滝1 龍門の滝と太郎
烏山大橋から那珂川 鮎釣り

龍門の滝から車で数分の、東力士の島崎酒造の「どうくつ酒蔵」。年間を通して安定した温度を保てる自然の貯蔵庫で、第二次世界大戦末期に軍事工場として作られた地下工場跡なのだそうです。現在は地域のイベントや映画の撮影などに活用されいて、無料で見学することができました。何より気温30度以上のこの季節、ひんやり冷たい洞窟は快適でした!

島崎酒造ーどうくつ酒蔵入り口 島崎酒造ーどうくつ酒蔵1
島崎酒造ーどうくつ酒蔵2 島崎酒造ーどうくつ酒蔵3

那須烏山の中心地にある島崎酒造さんの本店は、大型観光バスが来るほどの人気のお店です。
日本酒は男性的なイメージでしたが、柚子や梅を使ったお酒、ボトルデザインが涼しげな冷酒など、女性にも喜ばれるお酒が目に付きました。ほとんどのお酒が試飲ができるんです。うれしいですね!

島崎酒造1 島崎酒造2
島崎酒造3 島崎酒造4

そろそろ「山あげ祭の余興(歌舞伎)」があると聞き、山あげ会館へ行ってみました。山あげ(山を立てる)という意味だそうです。和紙で作られた山にみたてた物を立て、町の隅々まで恵みがいきわたる願いをこめ、余興を八雲神社へ奉納するお祭りだそうです。

やまあげ祭1 やまあげ祭2
やまあげ祭3 やまあげ祭4

山あげ祭は、移動しながら、屋外劇場を作り行われます。そして最後は「ぶんぬき」と言われる祭りのクライマックス。最終日(日曜日)の夕方から行われるそうです。今回は時間の都合で見れず残念、また来年のお楽しみ。

やまあげ会館 和紙会館
やまあげ祭屋台 やまあげ祭公園

山あげ会館と和紙会館。歩いて5分程のところにありました。
路地には露店が並び、浴衣姿の女の子達が可愛らしかったです。太郎君は女の子が好きみたいですね。公園は綺麗に整備されて良いお散歩コースでした。

野外歌舞伎のある山あげ祭、栃木県でも珍しいお祭りで有名です。若者からお年寄りまで一つになって盛り上がる様子や活気が伝わり楽しめました。来年もまた行ってみたい那須烏山「山あげ祭」でした。

詳しくは那須烏山情報サイト  http://yamaage.3g-kizuna.jp/

 

みどりの森ICHIKAI