みどりの森ICHIKAI 田んぼの様子1

春からの田んぼの様子を撮ってきました。
ここはみどりの森ICHIKAI入口の田んぼです。
4月20日は、まだ田んぼというより畑でした。
新緑も少なく、寒々しいけど、新芽が一気に噴き出します。

4-20-141

5月7日
田んぼに水が入り、田植えが終わりました。
空が映っている田んぼはキラキラと輝いていました。
周りの緑は一気に膨らみました。

5-14-3

7月15日
すっかり成長した稲。
田んぼの緑が益々深くなってきました。

7-14-2

8月3日
これは市貝町の北東にある谷津田といわれる田んぼで撮影しました。稲穂が立派に実っていました。
あと2カ月もすると黄金色に輝く田んぼになりますね。
月日と共にどんどん成長する田んぼの稲、今年の新米楽しみです。
市貝町には、このような谷津田といわれる地形からなる田んぼが沢山あります。
春には、サシバという渡り鷹がやってきて、巣づくりと子育てしています。田んぼには、サシバのエサが沢山あるからだそうです。また6月頃にはゲンジボタルもみられ、蛍の里でもあります。本当に自然が豊かなんですね~。
次回は、谷津田の田んぼの写真を紹介したいと思います。

8-3-14-2

現地見学会7月 2

7-30-2014

7月30日
第2回目の見学会がありました。
今回は福島県より見学に来られた方々です。
この日も気温30度超、町長は首にタオルをまいて、
熱心に説明をされているのが伺えます。
何度か足を運んで、じっくり検討されるのが良いのですが、
中々遠くからでは大変のようです。
次回は9月に入ってから、再び福島から来られるとのことでした。
市貝町役場での締め切り日は9月末となっています。
応募要項はこちらをご覧ください。

8-3-14-11

8-3-2014

8月3日
第1回目の応募者の方々の場所を決める抽選会がありました。
町役場にて、抽選を行い、その後に現地にて場所を確認。
最後はみどりの森ICHIKAI インフォメーションセンターにて今後のお打合せなどがありました。
最初は緊張気味のみなさんでしたが、現地確認の時には、にっこり。
来年の今頃は、新しいコニュニティーができているのではないでしょうか。
入野町長のいつも最後のお言葉は、
「安心して市貝町にいらしてください!」そうお話しています。

現地見学会7月 1

市貝町では、福島復興支援定住促進事業をおこなっています。
みどりの森ICHIKAIでは、市貝町が行う福島復興支援 定住促進策に協賛し土地を無償譲渡しました。

7-15-14-44 7-15-14-33

7月15日第一回目の現地見学会の様子です。

まだ梅雨も明けない7月の中旬でしたが、真夏のような暑さの中、
現在埼玉県にお住いの、浪江町からの方々が、バス2台で見学に来られました。

7-15-14-22JPG

NHKと栃木テレビの取材を受ける、入野町長です。
また、見学されている方々に、熱心に市貝町の様子を説明されていました。
現地見学の後は、道の駅「サシバの里いちかい」にて、昼食とお買いもの。そしてその後に市貝中学校を見学されていました。

現在の仮のお住まいは埼玉県ですが、お庭などはない生活とのことで、
広々としたみどりの森ICHIKAIを気にいりました!そんなお声もありました。
またバラバラになっている家族を呼ぶのには、色々問題もあり直ぐには決められないと言われている方もいました。

最後に、入野町長は、安心して市貝町へいらしてください! と仰っていました。

市貝町の詳しい情報:市貝町お知らせ

宇都宮近郊で土地をお探しなら、栃木県市貝町、清原工業団地 芳賀工業団地には通勤便利な宇都宮近郊の大型分譲地「みどりの森ICHIKAI」のブログです。