上を向いて歩こう、みどりの森ICHIKAI

新緑の森そして田植えが終わった水田。鏡のように映し出す風景が綺麗な季節になりました。

水田の水入れが始まると、一斉にカエルの合唱が始まります。他の生物の活動も始まり、そしてそれを目指してくる鳥達がいます。

市貝町のシンボルとされている渡り鳥の鷹「サシバ」が、4月頃から7月ごろまで、この市貝町周辺で子育てをするそうです。実際のところ沢山いるわけではないので、注意して見ないと気がつきませんでした。

今年はちょっと気にしながら空を見上げています。旋回している鳥の尻尾の形をみたり、鳴き声に耳をすましたり。偶然電信柱に止まっているのを見かけて望遠レンズでやっと1枚撮れました。

海を渡る渡り鳥の鷹「サシバ」

しかし写真に収めるのは中々タイミングが難しく大変です。カメラ用意してレンズ取替えて、などなど作業をしていると、あれ、もう飛んで行ってしまった。。なんてことに。でも写真に撮れなくても偶然出会えると、なぜか嬉しい、かっこいい「サシバ」くんです。

アオサギ

ノスリ

田んぼでよく見かけるアオサギが、木の高いところに止まっていました。写真を拡大してみると、するどい目つきで田んぼを見ているのがわかります。サシバかなと思って撮った写真ですが、胸の模様や顔立ちが違うので、調べてみるとノスリという鷹の種類でした。

他にもキジを度々見かけますが、鳴き声に特徴があるので直ぐわかるのですが、少しでも車や人の気配を感じると体をもぐらせて写真を撮らせてくれません。

みどりの森ICHIKAI周辺は自然がいっぱいバードウォチングも、こうして写真にしてみると楽しいものです。
ベランダにカメラを置いて望遠レンズで鳥の観察。そんな楽しみ方も良いですね! 森に隣接している区画なら可能です。

上を向いて歩こう! サシバくんに会えるかも?
今度はどんな鳥に出会えるのか楽しみになりました。

みどりの森ICHIKAI 第2期ノースエリア好評分譲中!

みどりの森ICHIKAI